家屋の解体は基礎の追加費用にご注意

こんにちわ。クラヴェの鈴木です。

今日は弊社で最もご依頼の多い家屋解体の基礎部分の注意点についてお話しさせていただきます(@@)

基本的に解体をする建物は古いものが多く、当然ながら昔の手法により建築された構造になっています。

家の下に埋まっている部分、基礎と呼ばれる足回りを支えている個所ですが、こちらも色々な種類の工法が用いられています。

木材や鉄が中に入って固めているもの、鉄をはりめぐらし強度を強くしたものといろいろです。。。

念のため、解体業者が施工する前に確認しておいた方が良いポイントとして、基礎に使われている素材が大きかったり、複雑化した際に追加で費用が掛かってしまうかどうかです。

見積り金額が基礎によって変わるかどうかは事前に確認しておきましょう。

基礎部分を確認して初めて分かることなので、この部分を解体料金や作業工数に入れていない業者もいます。

親切な優良業者なら事前に説明があるか、もしない場合は追加費用が掛からないこともあります。

ですが、工事してから追加で料金がこのくらい掛かってしまいます~的なお話しも聞きますので、念のためご注意を!

今日はこのあたりで・・・また更新させていただきます。