解体工事を安くするためにできること

解体工事の料金が高くなるケースとして、建物の構造が大きく起因します。木造、鉄骨、RCなど、どのような建築方法や素材が使われるかで解体手法や工数、産廃処分代が変わります。

そして重機やトラックが使える道の広さや立地条件、道が狭い場合などは手作業が多くなり、日数が増えるので料金が増します。

このあたりは依頼者の方がどうすることもできないので、仕方がないところです。

ただ、依頼者の方が安くするためにできることもあります。

残置物の撤去や処分、工事のトラックなどが停車できる場所の確保、工事期間を長く確保することも、価格交渉で使えます。

上手く安く解体工事をするには、依頼者側のそういった準備も大きく関わります。

大阪の解体業者の方は価格交渉の相談にのってくれることが多いので、少しでも安くするために色々試行錯誤して価格交渉をしてみるのも良いと思います。

皆さまの解体工事のお手伝いをさせて頂きますので、お気軽にご連絡ください。大阪・奈良・兵庫・京都・和歌山の方限定になりますが、ご依頼お待ちしております。